とにかくボリュームたっぷり、お腹いっぱいで幸せな気分になれる中国麺飯食堂。

中国で豚は富と幸福の象徴とされています。
縁起の良い豚がたくさん増えるという意味で名づけられた「万豚記(ワンツーチィ)」の料理は、どれもボリューム満点。
具沢山でオイスターソースの甘味と旨味が米に絡んだ「豚バラ青菜炒飯」が一番のおすすめです。

  • こだわり1

    街角食堂の趣き

    外観、内装ともに、中国の街角食堂のような異国情緒漂う造り。一人でも、ふらりと立ち寄りしやすい気軽さがあります。
  • こだわり2

    炒飯の常識を覆します

    炒飯といえばご飯がパラリ、具はお米の味を引き立てるため小さめ。ところが万豚記の人気メニュー、「豚バラ青菜炒飯」は違います。オイスターソースの甘みと旨味が米に絡んだ、しっとり目。具は食べごたえある大き目カットになっています。
  • こだわり3

    ボリューム満点の料理

    万豚記の「万」にはたくさん食べて、という意味も込められおり、どの料理もボリューム満点です。