people@KIWA

SERIES ALL

”イロドルヒト“ vol.1 瓦田脩二


際コーポレーションにまた一人、期待の新人が仲間入りした。今年4月に入社した瓦田脩二(かわらだしゅうじ)だ。瓦田は、拓殖大学在学中に、タイで行われたキックボクシングSenior 63.5kg部門世界チャンピオンになった経験があり、現在は大久保にある「K-1総本部」ジムで日々厳しい練習に励んでいる。その瓦田のK-1ファイターとしてのプロデビュー戦が9月8日(金)に決定した。試合直前の練習に立ち合い、心境をインタビューした。




プロフィール

タイガー餃子会舘 宇田川町
2017年度入社
瓦田脩二(23歳)

デビュー戦での目標はKOのみ

福岡県北九州市出身、中学、高校時代はサッカー部に所属した。格闘技との出会いは、魔裟斗に憧れ19歳の時に地元のジムにフラッと入ったのがきっかけ。その後拓殖大学に進みキックボクシング部に入部、格闘家としての才能を開花させ輝かしい実績を重ねていく。今年4月に際コーポレーションに入社後は、K-1チャンピオンの夢を叶えるため、昼間は店舗に勤務し、夕方からはジムで練習の毎日だ。日々努力した中に掴んだチャンスが9月8日(金)のプロデビュー戦。練習では実践さながらリングにあがり、適格なアドバイを受け順調に調整している様子だ。K-1総本部ジム会長の梶原龍児氏(以下、梶原会長)との迫力あるミット打ちは圧巻だ。当日は、得意技の「膝蹴り」でKOを狙う。

梶原会長「脩二はジムにとって良いスパイス」

「瓦田君のように、企業からの支援を受けている選手は試合に臨む意欲が全く違う。ジムは分単位での練習メニューが用意されているため、時間の規制が厳しい。その中で瓦田君は遅刻もなく、練習態度も真面目なので周りに良い影響を与えている」そうエールをくれた梶原会長も、今回彼がチャンレジする63kg階級の王座に付いたK-1チャンピオン。同じ階級で、ぜひチャンピオンになってほしいとリングの上の瓦田に熱い視線を送る。

際コーポレーションは全社あげて瓦田を応援します

瓦田の勤務先、タイガー餃子会舘 宇田川の伊藤店長も、「一緒に働く仲間として応援している。この店からK-1チャンピオンが出るのはとても名誉なこと」とエールを送る。地道な努力の積み重ねの先に、瓦田の実力がいかんなく発揮されるか。9月8日、後楽園ホールの戦いに注目したい。

後楽園ホールの試合結果はこちら



店舗情報

タイガー餃子会舘 宇田川町

東京都渋谷区宇田川町37-35
【平日・祝】11:30 – 15:30/17:30 – 23:30(L.O.23:00)
※金は28:00(L.O.27:00)まで営業
【土曜】11:30 – 28:00(L.O.27:00)
【日曜】11:30 – 23:30(L.O.23:00)
85席